王道

本日は和歌の王道をご紹介します。

(光孝天皇がまだ親王でいらした時、ある人に若菜を贈られた時に添えられた御歌)

君がため 春ののにいでて若菜つむ わが衣手に雪はふりつつ

あなたに差し上げようと思い、春の野原に出て若菜を摘んでいる時、私の袖に雪が舞い降りていました。

今、私達が七草粥を食べるように、平安当時には若菜は邪気を払うものとして春の野原に出て摘む風習がありました。

色々と騒がしい世の中ではありますが

優しさ、思いやりは、王道であり普遍ですね。

サービス紹介

オンライン書道サロン
お教室店舗
実用書道具セット
御道具購入
ホームへ戻る