吉田松蔭の残した和歌 

生誕 天保8年(1830年9月20日)〜  死没 文久2年4月13日(1862年5月11日)

身はたとひ 武蔵の野辺に朽ちぬとも 留め置かまし 大和魂

例え、私の命がこの武蔵野の地で朽ち果てるとて、この思想は永遠にこの世に留め置いてゆく。大和魂なるものを。

サービス紹介

オンライン書道サロン
お教室店舗
実用書道具セット
御道具購入
ホームへ戻る