心の結び付き 和歌

(男性)『絶えずゆく 飛鳥の河の よどみなば 心あるとや 人のおもはむ』

流れ続ける飛鳥川が淀んでしまうように

通い続けた貴方のもとへと、出向かなくなったなら

僕が心変わりしたと貴方は思ってしまうのでしょうか

(女性)『よど河の よどむと人は 見るらめど 流れてふかき 心あるものを』

見た目には淀んでいる淀川も 川底では流れ止まないように

私の心も奥深くでは 貴方への想いが流れ続けています。

この2首は詠み人が不明で、返歌(贈り合った歌)かどうかも不明ですが、

隣同士に並んでいる和歌なので、ストーリー性を持たせて訳してみました。

以下の歌は性別がどちらともよめるので、男性が女性に贈った歌として訳しています。

〈男性から女性へ〉

『よど河の よどむと人は 見るらめど 流れてふかき 心あるものを』

会いに行く数が減ったと、貴方は思っているかもしれない。

けれど、貴方への想いは淀みなく流れ続けている。

私の心の奥深くで。

サービス紹介

オンライン書道サロン
お教室店舗
実用書道具セット
御道具購入
ホームへ戻る